「Atom」からさくらサーバーにFTP接続してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加


「Atom」、日本語メニュー化とプレビュー表示




利用するパッケージは「Remote-FTP」
「Remote-FTP」はFTP/FTPS/SFTP接続をサポートしています

ローカルディレクトリを作成

インストール後まず、接続先のサーバーファイルの作業用ファイルをローカルに作られるので、その置き場所を指定または作成します
今回は「atom-ftp」というフォルダをデスクトップに作りました

作成したら、「Atom」からフォルダを開きます


接続ファイルを作成

作成したディレクトリにFTP接続設定ファイルを作成します
「パッッケージ(package)」→「Remote-FTP」→「Create FTP config file」


作成されるFTP接続設定ファイルの必要部分を編集して保存
{
    "protocol": "ftp",
    "host": "xxx.sakura.ne.jp",
    "port": 21,
    "user": "user",
    "pass": "pass",
    "promptForPass": false,
    "remote": "www",
    "local": "",
    "secure": false,
    "secureOptions": null,
    "connTimeout": 10000,
    "pasvTimeout": 10000,
    "keepalive": 10000,
    "watch": [],
    "watchTimeout": 500
}

FTP接続を実行

「パッッケージ(package)」→「Remote-FTP」→「Connect」


このメッセージが表示されていれば成功


プロジェクトの左に接続したFTPサバーのツリーが表示されますが、表示がなければ「Toggle」で表示・非表示を切り替えれますので表示に
「パッッケージ(package)」→「Remote-FTP」→「Toggle」

FTP接続後の挙動

FTPで接続したサーバー側のツリーから編集したいファイルにアクセスすると、ローカルの方にも同じファイルがディレクトリツリーそのままに作成されます
編集してファイル保存を行うと同時に接続したサーバー先のファイルも編集されます

「Disconnect」で一時的にサーバー接続を切断することも可能でローカルだけでの編集も可能


0 件のコメント :