switch文での条件分岐

このエントリーをはてなブックマークに追加

if文ではややこしい時の分岐もswitch文で簡潔に書けるパターンもありますね

switch文による条件分岐

switch (対象の変数){
  case 値A:
    //一致して実行される部分;
    break;
  case 値B:
    //一致して実行される部分;
    break;
  case 値C:
    //一致して実行される部分;
    break;
}

switch文による条件分岐サンプル(数値)

breakの書き忘れに注意
var data = 3;
switch (data){
  case 1:
    console.log("1です");
    break;
  case 2:
    console.log("2です");
    break;
  case 3:
    console.log("3です");
    break;
}

switch文による条件分岐サンプル(文字列)

文字列の指定もクォーテーションで括る事で可能です
var data = "abc";
switch (data){
  case "abc":
    console.log("abcです");
    break;
  case 'def':
    console.log("defです");
    break;
  case "ghi":
    console.log("ghiです");
    break;
}

switch文による複数指定

breakを挟まない事で同じ処理になるパターンはまとめる事ができます
var data = 2;
switch (data){
  case 1:
  case 2:
    console.log("1または2です");
    break;
  case 3:
    console.log("3です");
    break;
}

0 件のコメント :