localStorageにユーザーIDを保存するサンプル

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の記事、localStorageを使ってユーザー設定を保存するサンプルと同じ様な内容ですがコンテンツ側でユーザーを判別するのにユーザーIDをlocalStorageに保存する簡単なサンプルです

個人作成のWEBゲームや知られていないコンテンツなどなど
最初からアカウント登録やメールアドレス登録を必要とするには、よほど魅力的でないと利用してもらえない可能性があります

僕も結構そうで、最初からアカウント登録が必要だったりすると利用しなかったり、面白そうなゲームでもそっと閉じちゃう事が多いですね

それでもユーザーの管理や保存データが必要な場合は、最初は自動発行したユーザーIDと認証コードを渡してコンテンツ利用やゲームで遊んで貰う方法があります

最終的には認証コードをサーバー側で発行・チェックしたりデータベースを活用しないと実用的ではありませんが、その手前までのサンプルになればな、と

localStorageにユーザーIDを保存するサンプル



サンプル様に作成・確認・削除と工程を付けていますがユーザーIDを渡すだけならこれだけです
var newId = 'xxxxxxxx';
  localStorage.setItem("userId",newId);

ユーザーIDが他の人から確認できないコンテンツやゲームであれば認証キーもさほど必要ありませんが、ユーザー名やユーザーページのURLなどに使ったりする場合は認証キーも生成してjavaScriptスクリプトではなくphpなどで認証チェックをしたりですが、そのあたりはまた書けたらなーと思います

0 件のコメント :