関数の宣言と作成・実行の基本

このエントリーをはてなブックマークに追加

関数の宣言・作成と実行

Javascriptの関数の宣言や作成はfunction演算子を利用します
function 関数名(){
//実行する内容
}

作成した関数を実行するのは関数名()で呼び出せます
関数名();


実行する際、引数を付与する

カンマ区切りで引数を付与して実行する事ができますね
function test(a,b){
//関数内に限り変数aにはoneが、変数bにはtwoが代入されます
}

test("one","two");


returnによる戻り値と受取り方

関数の実行結果はreturnを使って呼び出し元に返す事ができます
帰ってきた値も変数の中に代入する事が可能です

See the Pen 2つの値の合計を出す関数 by yochans (@yochans) on CodePen.